iPhone6でもおさいふケータイ使えちゃうの!?ドコモから驚きのお知らせ。

先日、Androidのメリットとしておさいふケータイが使えることを上げたのですが

 

Androidの方がiPhoneよりいいと思うなぁ。 – レビュ日記!

 

本日、それを覆しうるニュースが飛び込んできました。

 

それがこちら。

 

NTTドコモは3日、iPhoneと連携することで「おサイフケータイ」の各種サービスが利用できるデバイス「おサイフケータイ ジャケット01」(パナソニックシステムネットワークス製)を開発したと発表した。10月下旬の発売を予定しており価格は5,000円前後になるという。

「お サイフケータイ ジャケット01」は、iPhoneと連携させることで「おサイフケータイ」の各種サービスを利用できるデバイス。モバイルFeliCa ICチップを搭載しており、対応アプリ「おサイフリンク」をインストールした端末とBluetoothによって接続する。電子マネー「iD」をはじめとす る電子マネーや、各種ポイントサービス、飛行機の搭乗券など、複数の「おサイフケータイ」対応サービスを登録、利用できる。別売りの専用の対応ケースを使 えば、iPhoneに直接装着させることも可能となっている。

また、独立したデバイスであるため、機種変更した場合も対応ケースを変えることで、データ移行手続きすることなく「おサイフケータイ」を継続利用することができる。

「お サイフケータイ ジャケット01」の主な仕様は次の通り。サイズ/重量は、高さ約86mm×幅約51mm×厚さ約4.2mm/約22g。バッテリ容量は150mAh。連続 動作時間は、約2.5カ月(1日のBluetooth接続通信時間が1分かつ、おサイフケータイの利用が10回の場合)。同梱されるmicro USBケーブルによって充電する。Bluetooth Low Energyに対応。対応機種は、iOS 7.1以上を搭載した「iPhone 6」、「iPhone 6 Plus」、「iPhone 5s」、「iPhone 5c」、「iPad Air」、「iPad mini Retinaディスプレイモデル」。また、ドコモ以外のキャリアの対応端末でも使える。

なお、対応ケースについては、「iPhone 5s」、「iPhone 6」向けモデルのみ発売予定となっており、その他機種へ対応したケースは予定されていない。

ドコモ、iPhoneをおサイフケータイにする新デバイス開発 – 10月下旬発売 – エキサイトニュース

https://i0.wp.com/image.excite.co.jp/feed/news/Cobs/Cobs_054699_1.jpg?w=840

 

なんと、iPhoneに装着するだけでおさいふケータイが使えると言うじゃないですか!

Androidの優位性が…と思ったのですが詳細を見てみると

 

「iD」「楽天Edy」「QUICPay」やヨドバシカメラ、ローソンのポイントサービス、全日本空輸ANA)の搭乗券などが使えるとのことで…

あれ、suicaは!?

モバイルSuicaは!?

現在のところ対応の準備中とのことですww

 

また、1日1分10回の操作で約2.5ヵ月動作を想定しているようなので

iPhoneとは別に充電が必要らしい。

つまり、気づかないうちに電池が切れたら、使えなくなります…

 

というより、わざわざおさいふケータイのためにこれ買うなら、

最初からAndroid買ったほうがいいと思いますww

個人的には、Androidスマホにケースカバーつけて、クレカかauwalletを挿しておくのがベストかなと思います。

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す