iPhoneだけでお買い物?実はついてたアップルペイとは?

最近iPhone関係の話題ばかりですみません。。。

スマホの購入を控えているとどうしてもそういったニュースに敏感になってしまうのです…

 

というわけで、前回のこちらの記事ではおサイフケータイ用のケースが登場したことをお知らせしましたね。

iPhone6でもおさいふケータイ使えちゃうの!?ドコモから驚きのお知らせ。 – レビュ日記!

 

ですが、実はiPhoneさんにはおサイフケータイ機能のようなものがデフォルトで搭載されているのです!

Apple – Apple Pay

一応リンク貼っておきますが、英語サイトになります。

で、何なのかというと、NFCBluetooth)を利用した決済機能です。

おサイフケータイとの違いは、

  1. 専用のアプリが不要
  2. キャリアに依存しない
  3. 通信データはどこにも保存されない

という点になります。

 

この違いはなかなか大きく、利用者は何も設定せずとも(クレカ情報などは必要?)決済できちゃう。しかも設置者も複数のアプリに対応した機器を導入する必要がなくなる。

いい感じですね。

 

なお、このアップルペイ日本に対応しているのかというと

してないww

 

一応10月20日のOSアップデートで利用できるようになるようです!

「アップルに近い複数の関係者からの証言によると、Apple Payに対応したiOS8.1アップデートは、10月20日に一般向けに公開するようだ」とBank Innovationが報じています。既に開発者に配布されたiOS8.1ベータはApple Payの設定項目を含んでいます。Apple Payはオンラインでの購入はもちろん、NFCを利用した実店舗での決済、またiPadなどでのNFCを利用しない決済も可能になっています。

 Apple PayはiPhone6/6 PlusとApple Watchを利用すれば、NFCによるタッチレス決済が可能となり、これまでの支払方法が大きく変わることが期待されます。また、クレジットカード情報は iPhoneに標準で搭載されているPassbookアプリのセキュリティエリアに保存されることになり、iPhoneが従来のプラスチックカードに取って代わる可能性があります。
 
アップルの社内ではApple Payのサービス開始を、当初9月終わりから11月初めに予定していましたが、いよいよサービス開始の準備が整ったようです。

 

アップル、Apple Payに対応したiOS8.1アップデートを10月20日に公開 – iPhone Mania

 こうした選択肢が増えることは歓迎ですので、どんどん新しいものが投入されていってほしいです。

 

 

電子決済ビジネス 銀行を超えるサービスが出現する

電子決済ビジネス 銀行を超えるサービスが出現する

 
キャッシュレス革命2020

キャッシュレス革命2020

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す