【☆4】【仕事の疲れがホッと癒える】マイ・インターン 視聴レビュー

こんばんは。
gupioです。3連休終わりましたね。
私は先日のドライブの他はほぼ映画とドラマを見ていました笑
その中の一つをレビュー致します。

さて、本日の映画はマイ・インターン(原題:The Intern)
マイ・インターン ブルーレイ&DVDセット(初回仕様/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]

余談ですが、なんで日本の映画は原題を微妙に変えるのでしょうかね?
ニュアンスのあたりが若干違ってきちゃうのではないかと不安になります。

あらすじ

ジュールズ(アン・ハサウェイ)は、ファッションサイトを経営・管理する会社のCEOとして充実した日々を過ごしていた。仕事と家庭を両立するパーフェクトな女性像そのものの彼女はまさに勝ち組だったが、ある日、試練が訪れる。同じころ、シニアインターンとして、40歳も年上のベン(ロバート・デ・ニーロ)がジュールズの会社に来ることになり……。

ということで、プラダを着た悪魔で働く女性を演じたアン・ハサウェイが、
またもやキャリアウーマンとして戻ってきます。さらに、名優ロバート・デ・ニーロとの共演ということで、
映画ファンにはたまらないのではないでしょうか!


感想(ネタバレ無し)

私はプラダを着た悪魔より、レ・ミゼラブルのアン・ハサウェイのほうが印象的で、
悲哀にみちた表情・演技がすごく心に来る女優のイメージでした。

やはり本作でもそのような場面は度々あり、やはり悲哀が似合う女優だなと感じてしまいました笑

一方で、ロバート・デ・ニーロですが、
実はあまり見たことがなく、噂で役作りがものすごい・
激しい役作りを「デ・ニーロ」と呼ぶみたいなことを聞いたことがあるくらいでした。
(今度、レナードの朝 [SPE BEST] [DVD]を見ようと思います)
今作の感想としては、本作の彼の優しいおじさん感がすごいよかったなと。
また、性別や年齢を超えた友情を育んでいく姿はほっこりします笑
なんというか一動作一動作がとてもチャーミングな感じでキュンときます笑

作品全体としては、ダイバーシティが重要視される現代社会をしっかりと描き、
そこでの葛藤をテーマとしているように思いました。
70歳のベン、イクメンのジュールズの夫、スーツを着ないで働く職場などなど、
今風な雰囲気を多く感じ、そこがまた良いなと思いました。
固定観念の押しつけとかではなく、新しい考え方をみんなが受け入れ、共存していくという
一種の理想が体現されている感じです。

以上の点から(主にロバート・デ・ニーロの演技)全体を通して
非常にリラックスして見ることができ、辛いことがあってもいつか良いことあるかな、とか考えてしまいました。

私の日頃のストレスをふっ飛ばしてくれる元気をくれた映画なので、
今回は☆4です!みなさんも少し疲れたなと思ったらぜひ見てみてくださいね!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す