電通が22時以降全館消灯へ。果たして本当に仕事をしていないのか…!?

おはようございます。

gupioです。
先日、過労自殺した社員が取り沙汰された電通ですが、

22時以降、ビルを消灯して長時間残業を制限する動きを見せています。

関係者によると、電通は社員に対し、午後10時までの一斉消灯と退館、さらに午後10時~早朝5時の深夜業務の禁止などを通達した。午後10時以降は、デスクのスタンドライトをつけることも禁じている。違法な長時間労働が常態化していた疑いがあるとみて、東京労働局などが本社に立ち入り調査した後に通達を出した。

http://www.asahi.com/articles/ASJBT03KQJBSULFA03B.html

とはいえ、今まで働いていた時間を急に減らすとなると、ビジネスが破綻しそうな雰囲気がぷんぷんします。

やはりファミレスや家、貸し会議室などで仕事しているんだろうと疑ってしまいますね〜

日本では海外と比べて仕事に傾倒してしまう人が多く、

残業代で稼がなければならないという人が多いようです。

しかし、AIやオートメーションの動きが進むに連れて、

そのような働き方をしていては駆逐されてしまうのではないかと思っています。

もちろん結果を出すために頑張るのは大事ですが、

もっと働きやすい、ワーク・ライフ・バランスがしっかり確保できる社会にならないかな〜

できれば毎日定時で自分の時間、家族の時間を大事にして生きていきたい!

そんな甘いことを考えているgupioでした笑

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す